若返り五大ホルモンと言えば、エストロゲン、テストステロン、メラトニン、DHEA、成長ホルモンの五つ。

これらは加齢とともに分泌が減少していきます。
若返る

そして新陳代謝の衰え、疲労回復の遅れが目立つようになり、太りやすくなる、疲れやすくなるというような体の不調が増加します。では、どうしたら若返りホルモンを増やすことができるのでしょうか。

若返りホルモンとは?

 ホルモンとは、私たちの体の中で作られ、情報を伝達する役割を担う物質のこと。

約100種類以上のホルモンが身体の中を巡っています。
月経と排卵のリズムにコントロールされている女性にとっては、目には見えないけれども馴染みのある存在です。

その中でも若返り五大ホルモンとして有名なのが、エストロゲンテストステロンメラトニンDHEA成長ホルモン(EGF)(
もちろん、これ以外にも最新の研究によって若返りホルモンが続々と発見されています。 

例えば、筋肉(骨格筋)から分泌され、代謝をアップさせる働きを持つ「イリシン」。正確にはホルモンではないのですが、ホルモンに良く似た働きをする「短鎖脂肪酸」。丈夫な骨を保つ、「ビタミンD」などです。

これらの若返りホルモンが減ると、太りやすくなったり、疲れやすくなったりと言った不調が起こりやすくなります。

ホルモンの状態を正確に知るためには、病院などで血液検査をしてもらいましょう。
女性可愛い
若返りホルモンの基準値はDHEAなら1500~700ng/ml、エストラジオール(エストロゲンの一種)は20~390pg/ml、ビタミンDなら30~80ng/mlが目安になります。

血液検査の結果、ホルモンの値が低い場合には、さっそく若返りホルモンのケアを始めましょう。難しいことはありません。

生活環境、食事、睡眠など、普段の生活の中でほんの少し気を付けるだけで、若返りホルモンを増やすことができます。肌に若々しいハリとツヤをプラスし、毎日が楽しく過ごす秘訣を紹介しましょう。
 

若返りホルモンを増やす!10のポイント

  1. 毎日30分程度の有酸素運動をする。ウオーキングなど、無理のない範囲でOK。
  2. 足腰を中心にした筋力トレーニングを取り入れる。
  3. 眠る前には心身をリラックスさせ、しっかり睡眠を取る。
  4. 就寝直前にパソコンやスマートフォンを見ない。
  5. 朝は7時前に起きて、太陽の光を浴びる。
  6. 豆類、野菜、果物を積極的に食べる。
  7. 白米、パン、パスタなど糖質の多いものは控えめに。
  8. 疲れたときはビタミンやプラセンタなどのサプリメントも取り入れて。
  9. 家族や友人との会話を気軽に楽しむ。
  10. ささいなことにクヨクヨしない。笑顔を忘れずに!
  11. 女医