歳を重ねた肌でも、化粧品をうまく使うことでよりよく見せることが可能です。でも、もし化粧品自体に肌を若返らせる力があったら、これほどうれしいことはありません。ここでは、肝細胞コスメについてご紹介していきます。

幹細胞コスメとは

幹細胞コスメ幹細胞コスメとはどのようなものなのでしょうか。従来のコスメは、コラーゲンや保湿をはじめ、加齢とともに失いがちな、肌にとって不足している成分を補う効果を持っていました。これにより、コスメで丁寧にケアをすることで成分が充足され、より若々しい肌を保つことが可能です。しかし、実際には常に不足している分を補っているにすぎないため、肌本来は加齢によるダメージを受けたままの状態です。
言わずもがな、加齢はどんどん進行していきますので、どれだけコスメで手厚くケアしていても、肌本来の衰えを防ぐことはできず、結果として段々と肌の質が悪くなってしまうのは避けられません。幹細胞コスメとは、新しい肌を作り出す幹細胞に働きかけ、活性化させることで、肌本来の機能を維持していく効果があります。
このため、不足分を補うだけの従来コスメとは異なり、加齢に対する大きな抑止力となり、歳を重ねても肌本来の美しさを保つことができると考えます。

幹細胞コスメの種類

幹細胞コスメには2つの種類があります。ひとつは、ヒト由来のものであり、正真正銘ヒトの幹細胞を使用するものです。この中には、脂肪から由来したもの、繊維芽細胞に由来したものの2つが存在します。中でもヒト脂肪由来のものは、脂肪吸引した幹細胞を使用しており、とりわけ効果が高いといわれています。
繊維芽細胞は、脂肪由来のものには若干劣るものの、特にコラーゲンをはじめとした再生力が売りとなっています。植物由来の細胞も使用されてきていますが、こちらは植物由来の無機質をたっぷりと含んでいるのが特徴であり、その効果が期待されています。

動物由来の細胞の優位性

研究ヒト由来、植物由来の2種類がある幹細胞ですが、はっきりとした効果が期待されているのは、動物由来です。ヒトの細胞と植物の細胞は、似ているようでそのつくりが若干異なっています。植物の細胞はしっかりとした細胞壁が存在するため、もっぱらその情報伝達は細胞質の膜透過性によるマイクロチャネルによって行われております。
一方で、ヒトをはじめとする動物細胞には細胞壁がなく、直接細胞膜がむき出しとなっています。ここで、動物細胞における特徴として、特異のたんぱく質と結合することで伝達物質を放出するリガンドとレセプターの仕組みがあります。私たちの肌の細胞ももちろん動物細胞ですから、この仕組みを利用しており、肌の生まれ変わりを意味するターンオーバーもこの仕組みによって行われています。このため、実際に浸透した際、自分の身体の中でより自然な動きをするものは動物細胞であり、サイトカインをはじめとしたメッセンジャーを適切に働かせてくれるため、効果が発現します。
一方で、植物由来のものはこうした機構がありませんから、中に入っている物質は豊富であっても、適切に肌に作用するのかどうかは実はよくわかっていないところもあり、効果が期待されている、という段階なのです。

まとめ

肌や見栄えを整えるだけだった化粧品も、近年では進化してきているのがわかりますね。肌に歳を感じ始めた方は、是非一度利用してみましょう。