動物細胞由来幹細胞化粧品

動物細胞由来の化粧品は、羊やブタをはじめとした動物の組織から抽出した幹細胞を使用してエキスを抽出しています。
人間はもちろん動物であり、肌の細胞も動物細胞からできていますが、その構造にいち早く影響を与えることができるようだけ近い形でエキスが効果を発揮するため、植物細胞由来のものより確実な効果が期待できるといわれています。
実際には動物の細胞からエキスを抽出した後、細胞そのものは丁寧に取り除いているため、さまざまな感染症や他の生物の組織を使用するならではの副作用などを抑えることができ、安全性を確保しています。
実際の研究結果でも、動物細胞由来のエキスによって、細胞の再生効果が認められているものもあり、名実ともに信頼のおける化粧品といえるでしょう。

ヒト由来幹細胞化粧品

自分の細胞ヒト由来幹細胞の化粧品は、その名のとおり、動物細胞のなかでも人間の組織を直接使ってエキスを作っているものをいいます。
由来がヒトであり、そのエキスも紛れもなく普段自分の肌が使用しているものと限りなく同一のものですから、肌に浸透した後、さまざまな化学物質の伝達にいち早くなじむといわれており、その効果を最大限に発揮できる一因といわれています。中にはオーダーメイドで自分の細胞から作る化粧品も登場しており、やはり少々値が張るのは間違いないようです。主に脂肪から抽出したもの、繊維芽細胞から抽出したものが有名であり、なかでも脂肪から抽出したものは効果が高いといわれています。
こちらも、細胞自体は丁寧に取り除いているほか、徹底的なドナーの管理を行うことにより、さまざまな遺伝病やプリオン病、また感染症の危険性は限りなく少ないものといえます。

植物由来幹細胞化粧品

高麗人参植物由来幹細胞化粧品は、植物の細胞から抽出した非常に濃厚なセラミドやコラーゲンなどを使って作られたエキスです。従来から化粧品にはさまざまなこうした無機質が使用されてきましたが、これらの幹細胞エキスを抽出し、より効果を体現できるようにしたのが植物性の幹細胞化粧品です。
動物性にはその効果が劣るものの、より肌に浸透しやすく、肌を再生する能力が大きく期待されている商品でもあります。植物も多種多様であり、アルガンや高麗ニンジンといった非常に高価な薬用植物の幹細胞を使用しているケースもあるため、馬鹿にできません。

まとめ

いくつかの種類に分けられ、中でも動物細胞の効果が高いことがお分かりいただけたでしょうか。最終的には懐具合と効果を天秤にかけて選択していくこととなります。自分にあったものを見つけるためにも、さまざまな情報を集め、試供品や実演販売などを活用していきましょう。