幹細胞とはげについて

薄毛生活が豊かになり、飢餓などで亡くなる人が少なくなるとともに、脱毛は人類にとって大きな問題となりつつあります。
加齢や環境要因によって脱毛が起こるとき、一般的には毛根の部分からごっそりと上皮の細胞を道連れにして毛が抜けていきます。通常であれば、一定周期で新しく毛髪が再生され、また新しい毛が生えてくることになります。
しかし、加齢やダメージを受けることによりその新陳代謝が低下してくると、一度抜けた後満足に毛が育たない環境となってしまうことがあり、結果としてこの部位には育った毛がなく、最終的には毛が生えなくなってしまいます。毛髪の生成に必要な上皮細胞と真皮にある乳頭、またバルジ領域と呼ばれる部位に存在する毛母細胞を活性化することができれば、新たに毛髪を再生し、ハゲを防ぐことができるといわれています。
幹細胞や幹細胞エキスは、細胞がさまざまな組織に分化する前の、いわばなににでもなれる細胞として注目を集めていきました。ハゲの部位にエキスや細胞を追加することで、こうした失われてしまった機能を活性化することが、ハゲを防止する有効な手段として期待されています。

研究段階であるが、開発が進んでいる

結論から言うと、まだこうした毛髪を再生するための幹細胞化粧品は開発段階にあり、製品化はされていません。しかし、一部の動物実験では実際に毛髪を再生できたとされる報告が寄せられており、非常に期待できるものとなっています。
マウスの実験では、繊維芽細胞を使用することで、上皮細胞を再生することに成功しており、その際に毛髪の再生も見られていることがわかっています。研究としては、これから毛を新たに生成する毛母細胞や乳頭の再生を期待する効果を挙げる結果をだすことが課題といわれています。
通常化粧品をはじめエキスを肌表面から浸透させますが、人間の肌の構造上内部にまで浸透させるのはなかなか労力を要することがわかっており、特定の部位まで適切に浸透し、かつ効果を発揮する研究が必要といえるでしょう。
また肌の生まれ変わりとは異なり、頭皮の状態は顔面の皮膚とはやはり異なる部分があるほか、ターゲットが皮膚のターンオーバーではなく、毛髪であることも、簡単に再生が進まない一因として知られています。

まとめ

毛髪を簡単に化粧品などで再生することができるようになったら、非常に心強いですね。肌化粧品につづき、頭皮での効果も是非期待しつつ、日ごろから情報を集めていくことが大切といえそうです。